« ZERO3のその後 | トップページ | 小川キャンパル・スノーピーク2006年モデル続々と »

2006年3月 4日 (土)

ついにWX310Kを購入

昨日ついに【京セラ】WX310Kを購入してしまった。


現在使用している京ぽんのバッテリーの持ちが悪くなった為である・・・・・・・と自分に言い聞かせて購入してしまった。

この端末の印象は、京ぽんとは別物といった印象である。
京ぽんの持ち味である? あのもっさり感はぜんぜん感じられないからです。
これはひとえに、端末の処理能力のUPが主な要因であろうが、それにプラスして京ぽんでは、先日通信速度アップの恩恵が受けられなかったが、京ぽん2は4×通信対応端末のため2×の通信速度が使用できることも有り、快適なブラウジングが出来る様になったのであろう。

京ぽんでは、メールも打つのものんびりとした気持ちで打つような感覚だったが、京ぽん2では、変換キーを押した際にもちゃんと変換の表示が着いてきて、なかなかキビキビした印象である。
2ちゃんねるの板では、色々と不具合や使い勝手など書き込みもあるようだが、少なくとも京ぽんから京ぽん2へ移行すれば、そんな不具合や使い勝手もなんのそのといった感じなのである。

あとは、Bluetoothが搭載されているのもかなりな魅力です。
今までは、PCやPDAでダイアルアップを使用するときは、PC・PDAと京ぽんをケーブルでつなぐ作業があったが、Bluetooth搭載のおかげでBluetoothボタンを長押しして待ち受けにしておけばOKだし、なんといってもコネクターやケーブルに気をつけなくて済むことが最大の魅力であろう。

この端末の、不満? もうちょっとという点は、端末の質感がちょっとお粗末、そして持った感覚がイマイチ、この持った感覚は、端末の容積と、重量バランスと剛性感ではないかと思う。
あとは、ヒンジ部分のぐらつきが気になる程度である。

どちらにしても、京ぽんからの機種変では、そのキビキビとした反応に感激をするばかりである。
当初は、1×契約で満足できなければネット25の契約に切り替えて4×の通信を使用かとも思っていたが、現状ではその必要性もあまり感じられない。

あと、ミュージックプレイヤーも早々に購入してみたが・・・・・・・
音質は、どちらかと言うと、低音が無くなってるというか、厚みがないというか・・・・・
音にうるさい人にはお勧めできません。

WILLCOMもこれから先新端末を出してくると思いますが、京ぽん同様この端末を2年間ぐらいは使い倒すことになるような気がします。

|

« ZERO3のその後 | トップページ | 小川キャンパル・スノーピーク2006年モデル続々と »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/171893/3908064

この記事へのトラックバック一覧です: ついにWX310Kを購入:

« ZERO3のその後 | トップページ | 小川キャンパル・スノーピーク2006年モデル続々と »