« 2006年3月 | トップページ | 2006年6月 »

2006年5月31日 (水)

2006年の北海道ツーリング

今年も何とか北海道ツーリングのへ行ける目処がついた!!

とりあえず、往復のフェリーは、予約が完了した。

ほぼ9割方は北海道ツーリングが確実なものとなった。

ここのところ休日は、バイクのメンテナンスに時間を費やしている。

TT250Rも12年目ともなるとあちこちに痛みが出ているが、特にラバー・樹脂系のパーツの痛みが激しいようだ。

サスペンションのバンプラバーはひび割れて一部がかけていたり、各所のダストシールは結構硬化していたりと・・・・・・・

最低限のメンテナンスはしておかないと、一昨年みたいにトラブルに見舞われるのは、ご免である。

ブレーキ関係は、分解してパッドを交換各所のグリスアップを行ったし、現在ラバー関係のパーツも注文し到着待ちなので入荷次第交換をする予定である。

これで、バイクは、準備完了となり、後は持ち物を取り出しメンテナンスをして、北海道へ上陸だ。

今年は、持ち物を減らすように今まで以上に、持ち物を厳選するつもりである。

多分、今週末ぐらいから持ち物のメンテナンスと選定に入りたいと思う。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年5月 4日 (木)

大名栗林道ツーリング 2006年5月4日

インターネットで林道情報を調べていると関東近県の林道はほとんどが4月末日より通行止めが解除されるようだ。
久しぶりに向かった大名栗林道も、4月30日より解除との情報があり今年、初の林道ツーリングを決行した。
渋滞を避ける意味で、早朝に出発した。
予想は的中で、大名栗林道の入り口まで、ほとんど渋滞することなく到着した。


20060504_oonaguri_0_3 大松閣の看板が以前の看板とちょっと違っていた。
目印の看板を左折し、しばらくすると林道の始まりである。
林道の始まりは大松閣の脇から林道の基点となるが、しばらくは舗装路を走ることになる。







20060504_oonaguri_1_1事前の情報では、多分、通行止めはないと思うが多少不安を抱えながら、舗装路を登って行く。
通常は、ダートの始まり部分に「通行止め」の看板が設置してある。
去年の夏後半から、ず~っと、看板に大名栗林道の走行を阻まれていたのだが、今回はご覧の様に、注意情報は何一つ掲示されていない。


20060504_oonaguri_00ラッキー!!てことで早々ダートへ突入をした。
気持ちよく林道を走り、有間林道との分岐点に到着したところで、「通行止め」の表示が見えてくる。
林道もここまでかと思うが近づいてゆくうちに、有間林道が通行止めであった。
このまま、分岐を上るほうに直進し大名栗林道を走る。

天候もよく快適に林道を走り、広河原逆川林道へ到着!!
20060504_oonaguri_3 その後もUターンをして大名栗林道を走り、久しぶりに大名栗林道を満喫し充実した時間をすごしました。

大名栗林道も、早朝は殆どバイクも車も走っていませんでしたが、9:30を過ぎる頃になるとバイクが多く、ヒヤッとする場面も・・・・・・・

また林道にゴミも捨てられているようなので、皆さんも林道が閉鎖されないように、安全運転と、ゴミの投げ捨てだけは、しないようにしてください。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2006年3月 | トップページ | 2006年6月 »