« 2007年5月 | トップページ | 2007年7月 »

2007年6月24日 (日)

北海道ツーリンググッズ(寝具編)

北海道ツーリングで、どうしても濡らしたくないものは多々あるが、シュラフやテント内に敷くマット、インナーテントなどがある。
逆に、どうしても濡れてしまうものとしては、テントのフライシート、カッパ、レインカバーなどがある。

このように、濡れては困る荷物、そしてどうしても濡れてしまう荷物を考えると、ツーリングの際によく見るアルミのロールマットを荷物にくくりつけて走っているバイクの人たちは、雨に降られた夜は、どうしているのだろうかと心配してしまう事もある。
雨で濡れるだけではなく、結構泥はねで汚れるし・・・・・

そう考えると、アルミのマットなどは下のような薄手のものでバッグ内に収納が基本ではないだろうか?

USER(ユーザー) 行楽お花見レジャーシート
USER(ユーザー) 行楽お花見レジャーシート

自分の場合は、このような薄いアルミマットを折りたたんでバッグの中へ入れている。

ただ、これだけだと地面のコンディションが悪いキャンプ場など寝心地の問題があるかもしれないので現在はモンベルのインフレータブルマットを使用している。ちょっとお高いかも・・・・・

モンベル(montbell) U.L.コンフォートシステムパッド
モンベル(montbell) U.L.コンフォートシステムパッド

このマットも、サイズ:長さ120X幅2.5cmのやつを使用し、荷物のかさと重さを減らしている。実際の収納サイズは直径10X25cm程度で、重量にいたっては380g程度とかなり軽くてコンパクトである。
このような構成で、快適に夜は、寝ているのである。

長さも180cmも必要なくこれで十分である。

そのほかには、シュラフであるがこれも荷物のかさを抑えるために、ダウンのシュラフを使用している。
以前は、化繊のシュラフを使用していたが、どうしても大きさがネックになってしまった。
スノーピーク(snow peak) ウオッシャブルダウン マミー300#7
スノーピーク(snow peak) ウオッシャブルダウン マミー300#7

現在使用しているのは、このウオッシャブルダウンのシュラフである。
なんといっても、ダウンに防水加工がしてあるらしく、洗濯が可能らしい。
その上、収納サイズは14×28cmで、総重量も約950gと以前使用していたシュラフと比べれば、重量・容積ともに半分ぐらいになる。

北海道は、場所によって気温差もあるため、3シーズン用のシュラフを持参するのが安心である。

このようなグッズをバッグ内にいれ、テントはパッキングの際に、インナーはバッグ内、そしてフライシートは、荷物にくくりつけいる。

雨の日の撤収を考慮に入れるとどうしても、インナーテントと、フライシートを一つにまとめて収納するのに無理があるように思えるので、自分の場合は、インナーテントをサイドバッグに入れ、フライシートは、荷物の外部に別にくくりつけている。

もし、雨の日の撤収でも、フライシートはバッグの上に適当に畳んで、ネットの間に挟みこんで終わりである。

経験上、雨の日でも、晴れの日でもパッキングを変えることなく対応できるのが一番楽であるし、グッズを選ぶ時もバッグサイズを考慮して選べば、全天候パッキングで対応できるパッキングが完成するのかもしれない????

| | コメント (0) | トラックバック (2)

2007年6月22日 (金)

北海道ツーリング(番外編テント特価情報)

スノーピーク(snow peak) ランドブリーズ2
スノーピーク(snow peak) ランドブリーズ2

SD-602  \33,390がなんとナチュラム価格26800円の19%OFF
先日このブログでテントに関して書いたが、たまたまスノーピークのランドブリーズ2が割引で売っているのを見つけた。このテントを現在使っているのだが、大変使いやすいテントであるのでこの機会にいかがでしょうか? 多分すぐ売り切れになってしまうような気もするが・・・・・・

このほかにも見つけてしまったが、こちらはオートキャンプ向けです。

スノーピーク(snow peak) ランドブリーズ5LX
スノーピーク(snow peak) ランドブリーズ5LX

ナチュラム価格64000円(税込)20%割引その上1920ポイント還元!

こちらもなかなか安いかも!!
とにかくスノーピーク製品が値引きだなんて本当に珍しい事です。
購入を検討中でしたら、お買い得です

スノーピークではありませんが・・・・
北海道ツーリングでは、どのキャンプ場でも1人は使っているダンロップのテントです。
こちらも特価で販売中!!

ダンロップ(DUNLOP) ツーリングテント・R-324
ダンロップ(DUNLOP) ツーリングテント・R-324

ナチュラム価格17800円(税込)40%割引

ウォー なんと言う金額でしょうか?
これから北海道へ行くためのテントを購入するなら、このテントだったらはずれはしないでしょう。

たまたま、ナチュラムで見つけた、プライスダウンのテントです。

ランブリ2もダンロップのテントもしっかりしたメーカーの製品ですから、安心して北海道へ持って行けると思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年6月13日 (水)

北海道ツーリンググッズ(テント編)

今年は、どうせ北海道に行けないのならと、少し投げやりにツーリンググッズのシュミレーションでも・・・・・

ツーリンググッズ代表的なものはキャンプ用品である。

もしキャンプ用品をすべて新調するとすれば、どのようなグッズが理想的であるのか

はじめにテントについてまじめに考えてみる。

第一候補はやはり、これである。

スノーピーク(snow peak) トレイルトリッパー2
スノーピーク(snow peak) トレイルトリッパー2


●収納ケースサイズ:50×20×20(h)cm

●重量:4.10kg

大きな前室と吊り下げ式のインナーが魅力である。
特に雨の日の撤収などはあわてずに撤収が可能である。
のんびりとインナーから撤収可能は大きな利点である。
室内の傾斜がきつくて居住性にかけるという意見もあるが、北海道ツーリングでテント内ですごす時間は、自分の場合殆ど寝る時間だけであるため、そんなに問題とならない。

逆に、テント内にこもってゆっくりとくつろぐタイプの方には、大きなマイナス要因かもしれない。
多少、重量に不満は残るのだが・・・・・・

第2候補としては、これである。

小川キャンパル(OGAWA CAMPAL) アーディンDX‐II
小川キャンパル(OGAWA CAMPAL) アーディンDX‐II


●重量:幕体・ポール/約3.8kg

●パッキング:48×20×20cm

スノーピーク製より前室は小さいのだが、多少重量の点で有利である。
前モデルでは、同社のステイシーより軽かったのだが・・・・・・
インナーテントのフロアーの材質を変更して、重くなってしまった。
しかし、フロアーの材質が、布製ではなく、ライトPVCというとてつもなく防水性の高い素材を使用しているのである。
PVCといえば、防水バッグなどにも使用されている材質だ。
重量的には、布よりは不利なのだが、その防水性能は大雨でも安心の一言である。

第3候補としては、これである。

アライテント トレックライズ2 リビングシェルセット
アライテント トレックライズ2 リビングシェルセット


●収納時サイズ:52x21x14cm(フレームを含む)

●重量:2960g

重さといい、収納サイズといい最高なのだが・・・・・・・
どうしても価格の面で第3候補になってしまった。
財布の中身に余裕があれば、是っていこれを買ってしまうかもしれない。

おととし、去年と雨に降られた回数が多いので、どうしても雨の中の撤収を考えてしまうと、スノーピークに軍配が上がってしまう。

本当は、吊り下げ式で、前室が大きく、フロアーの防水性が高くて軽いテントがあればよいのだが、そう都合のよいテントがあるわけでもない。

テントを決める際には、自分のキャンプスタイルを考えることにより、自ずとメーカーとモデルが決定してしまう気がする。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2007年6月 4日 (月)

北海道の季節が・・・・・

今年も、北海道キャンピングガイドが発売されました。

この季節になると、ここのところ北海道ツーリングのことで頭がいっぱいになるのですが・・・・

北海道キャンピングガイド 2007 Book 北海道キャンピングガイド 2007

著者:株式会社ギミック
販売元:コア・アソシエイツ
Amazon.co.jpで詳細を確認する

残念な事に、今年はどうしても北海道上陸を断念するしかないようです。

でも、ほんの少し偶然が重なれば大丈夫などとお気楽に考えていますが・・・・・・

ここ数年、連続で北海道上陸をしていたので、ちょっとマンネリ化しているような気もしていたのでちょうどよい機会なのかもしれませんが・・・・・・・

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年6月 3日 (日)

スタバのコーヒー豆激安でゲット

スターバックスのエスプレッソローストがお手ごろな金額で購入できる事がわかりました。

通常スターバックスの、エスプレッソロースとは、スターバックスで購入すると250g1,300円ですが・・・・・・・

なんと、楽天でのお店で購入すると、なんと907gも入って、2,158円となってしまいます。

100gあたりの単価は、スターバックスの店舗で購入すると520円

楽天で購入すると、100gあたり238円程度と半額以下になります。

早速購入して、飲んでみると殆どお店で購入するコーヒー豆と変わりがありません。

これは本当にお得です。

最近Yahoo オークションでも同じものが出品されています。

オークションでは、多分1700円程度で出品されているともいます。

この豆を使って、気兼ねなくエスプレッソを楽しんでいます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2007年5月 | トップページ | 2007年7月 »