« 2008年9月 | トップページ | 2008年11月 »

2008年10月19日 (日)

工人舎SC3台目も初期不良?

充電不良で台目の工人舎SCも到着後1週間もたたないうちに、充電不良が発生した。

ここまで、PCの不良が発生するとは考えにくい。

極小サイズのボディに高機能を凝縮工人舎 7型液晶コンパクトモバイルPC SC3KP06A 極小サイズのボディに高機能を凝縮工人舎 7型液晶コンパクトモバイルPC SC3KP06A

販売元:い〜でじ!!楽天市場店
楽天市場で詳細を確認する

やっぱり、どこかのブログでの記事とおり、OSの問題なのかもしれない。

「電源に接続しています:充電されていません」の状況が発生したとしてもバッテリーを外せは解決することなのだが・・・・・・

また、サポートに連絡を入れたら初期不良扱いなのだろうか?

なんとなく試して見たい気もするが・・・・・・

【工人舎】 SCシリーズ用メモリーアップグレード【2GB】 【工人舎】 SCシリーズ用メモリーアップグレード【2GB】

販売元:KJSテクノス
楽天市場で詳細を確認する

またSCに一からセットアップするのも面倒だし、でも・・・・・・

メモリーも非公式では2Gまで認識するらしいし・・・・・・・

多分メモリーを入れてしまったらその時点でサポート対象外になってしまうし・・・・

もう少し使ってみて我慢できなくなったらまたサポートへ連絡ということに・・・・・

SCを気に入っているだけに、充電のたびにちゃんと充電されているかを確認するのは面倒いえば面倒だし、慣れてしまえばといえばそれもそうだしどうしたもんでしょうか?

もうちょっとだけ使ってみよう!!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年10月15日 (水)

ついにHandpressoが日本上陸?

以前から、キャンプ中でもおいしいエスプレッソが飲めないものかと考えていた。

一年ぐらい前だったろうかHnandpressoなる商品を発見したのだがまだ日本に輸入されていない状況だった。

Handpresso_r 最近Webでチェックをしていたところついに日本の輸入取り扱いを開始する旨のページを発見した。

自転車の空気入れのようなエスプレッソマシンである。

熱源は持っていないので、お湯を注ぎ、空気圧で抽出するという今までに無い発想の商品である。

発売は、今年の12月ぐらいとの情報であるが、まだ価格が表示されていない。

アメリカのAMAZON等では確か15,000円ぐらいであったが・・・・・・・

日本では2万円ぐらいになてしまうのだろう。

それにしても何とも魅力的な商品である。

おそらく発売されたら買ってしまうのかもしれない!!

発売元は、大作商事というところである。

しいて言えば、PODしか使えないのが残念である。

もし購入すれば、キャンプより会社で活躍しそうな気もします・・・・・

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年10月 3日 (金)

工人舎SC 2回目の初期不良

SCが初期不良扱いで交換になったが、その後交換で届いたSCでもバッテリーの充電の不具合が出た。
早速、サポートへ連絡すると・・・・・・
またもや、初期不良扱いで交換か、もしくは返金対応をしたいとの連絡があった。
そこそこSC気に入っているので、交換のお願いをした。
2台続けて初期不良?
なんとなく、あまり納得はいかないが・・・・・
サポートで初期不良といわれれば、こちらとしては何とも反論のしようが無いのが現実である。
たぶん、本当はOS上の不具合とかブログ書き込みも散見されることから、3台めのSCもまた充電の不具合が出る可能性が高いと思われる。
どちらにしても、ある意味ものすごく潔いサポートの対応で、あまりいやな気にもならない。
また充電の不具合が発生したらどうしたもんだろうか?
充電の不具合が初期不良という判断が変わるまで永遠と交換し続けるのだろうか?
交換のたびにリカバリーをして返品し、新しいSCがくるたびに、セットアップを行うのも、いささか面倒になってきているし・・・・・
あきらめて、連絡をせずこのまま使い続けるのか?
そのときの気分で連絡するかしないかが決まるような気がする。

話は変わるが、新しいSCを3回も手にして気づいたことがあるのだが・・・・
一番最初のSCと2番目以降のSCは確実にHDDのメーカーが違うようである。
HDDのシーク音がまったく違うのである。
1台目は、かなりの金属音系の音がしたのだが、2台目以降はどちらかというとこもった感じの樹脂系の音がする。
2台目以降のほうが確実に音は目立たなくなっている。

また、ボディーや回転部分のヒンジの動きも微妙に違う、この辺は組み立精度があまり高くないので発生している違いのような印象を受け

る。
仕上げに関してもやはりかなり荒っぽい部分もある。
これは3台ともに共通であるが・・・・
特に、パームレスト部分や、液晶のまわりの部分に使用しているアクリルの切り口の汚さが目に付くのは非常に残念である。
切り口だけではなく液晶周りは、アクリルの細い部分がたわんでいる。
3台ともたわんでいるのだが同じたわみ方ではなく、3台とも明らかに違うたわみ方であった。
ほかのシリーズより質感はかなりこのアクリルのおかげで向上しているのだが・・・・・
本当に残念な部分である。
入力の際に不便であったキーボードであるが、使用しているうちに段々とミスタイプが減ってきた。
ただやっぱり私の指の大きさでは、キーの縦方向の大きさがやや小さいのかも知れない。
意外とキーの横幅に関してはそれほど不自由さを感じてはいないのだ。
これは、使ってみて気がついたのだが・・・・

なんだかんだと言いながら、大きさ・重さ・デザインも結構気に入っているので・・・
100点ではありませんが・・・・
購入する際には結構思いっきりが必要なUMPCなのかもしれません。
皆さんもよく検討してくださいね!!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2008年9月 | トップページ | 2008年11月 »