2011年3月24日 (木)

GIVIのパニアケースを使ってみて (2)

今回は、GIVIのパニアケースを導入して判った短所と長所に関して記載します。

Pap

短所

  • 何より導入コストが通常のバッグ類より高くつく
  • 車幅が1mを超えてしまう
  • 保管する場所が結構必要
  • 走っていると、ヘルメットなどと同じようにサイドケースに虫が一杯付く

長所

  • バイクへの搭載に手間がかからない
  • バイクを止めていてもある程度セキュリティが確保される。
  • 雨の際の防水の心配がほとんど無い
  • キャンプ場での撤収の段取りが非常に楽になった(特に雨の撤収)

まあ、ざっとこんな感じの長所と短所があると思います。

人によって結構違うかもしれませんが・・・・・・

わかりにくいのは短所だと保管する場所でしょうか?

これは、普段は室内に保管するようになると思うのですが、バックのように折り畳みができないため結構収納場所が必要になります。
どちらかというと保管している時間のほうがほとんどだと思います。

また、高速道路を走ったときなどは結構虫がサイドケースにこびりついています。
意外とこれは使ってみないと分からなかったことでした。

車幅は慣れるしかありませんが・・・・・ 意外と忘れて幅の狭いところへ突入しそうなことがたびたびありました

導入コストはどうにもならないと思いますので、勢いで解決してください。

長所に関してはパニアケースを使ってみて(3)でお知らせしたいと思います。

もったいぶっているようですいません。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年3月 2日 (水)

GIVIのパニアケースを使ってみて (1)

去年の夏初めて北海道ツーリングにGIVIのパニアケースを導入してみました。

GIVIの使い方や、その使い勝手、そしてフルパニアの長所や短所に関して書いてみたいと思います。

なぜ今頃こんな記事を書く気になったかというと、最近検索エンジンでパニアケースに関する検索で、このブログに来てくれる方が多くなったので、そのお礼の代わりにこの記事を作成いたします。

◆自分のGIVIの構成のおさらいから・・・・・・

 トップケース GIVI E52     サイドケース GIVI E41

           

上のケースを使い、52リットル+41リットル×2の合計134リットルを確保しています。

各ケースの中身の構成は以下のようにしています。

   トップケース・・・・・着替え・日用品・カメラなど
   サイドケース・・・・キャンプ用品(テント除く)・調理道具
   シートの上・・・・・・テント

上記の構成で荷造りを行うとサイドケースには結構の余裕がありますが、ケースの積載重量は片側6キロぐらいになると思います。

サイドケースの余裕が、買出しをした食料を入れたり、お土産を入れたりと結構重宝しました。

ただ、サイドケースの最大積載量は、Web上では最大積載量3Kg(片側)と記載してあります。

自分はおそらくその倍の重さは、積んでいたと思います。特に北海道ツーリング中も何事もありませんでしたが、あくまでも、メーカーの指示からは外れた使用方法ですので気をつけてください。

サイドケースへのパッキングは、インナーバッグを使用すると結構スムーズにパッキングか可能になると思います。
ただし、純正のインナーバッグは、もう販売をしていないため、自分はWILD1オリジナルのダッフルバッグSが意外とジャストサイズなので使用してパッキングをしています。
インナーバッグを使用すると、ケースと中のもののガタツキも抑えることも出来ます。

長くなってしまったので、次回はフルパニアの長所と短所に関して書いてゆきたいと思います。

   

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年5月15日 (土)

ZZR400GIVIトリプルケース計画 (フルパニア装着編)

GIVIのトップケースも無事届き、フルパニア状態にZZR400をしてみた。

Source_img_0796_r こんな感じになかなか迫力がある感じです。

フルパニアだとちょうどタンデムシート部分左右のケースとトップケースで囲まれたスペースがあり、ちょうど荷物を積むのにもいい感じです。

おそらくこのスペースは、テントとカッパを積むスペースになりそうです。

純正のに掛けフックもそのまま使えそうです。

 

Source_img_0795_r ただ本当に横幅は1mオーバーのようです。

すりぬけだけは気をつけなければ・・・・・・

これで、北海道ツーリングに向けてのほとんどの準備が整っているはずです。

ただ、今までのTTR250RからZZR400になりそして、ツーリングバックからパニアケースに変更になっているので、荷造りの試行錯誤でまだまだ時間が必要な気がします。

そんなことをしているうちに、フェリーチケットの予約(出発の2ヶ月前)の時期も迫ってきているし・・・・

これからも結構やることが盛りだくさんです。

次回からは、北海道ツーリング準備編としてアップしてゆきます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年4月16日 (金)

ZZR400GIVIトリプルケース計画 (ウィングラック取付編)

Img_0773_r ZZR400のウィングラックとフィッティングがようやく到着しました。

発注からおおよそ一ヶ月程度かかかりました。

意外と大きめな箱で到着です。

ショップからの発送連絡から、4日程度で到着しています。

取り付け方法は、以下の説明書が同梱されていますのでそんなに難しいことは無いと思います。Zzr400_wingrack

取り付けは下記の順で、パーツを外してゆきます。

 ・シートを外す。
 ・グラブバーを外す。
 ・グラブバー下のカバーを外す。
 ・シート左右のカウリングを外す。
 ・ヘルメットホルダーを外す。

上記パーツを外せば作業準備の完了です。

Dscn0340_rDscn0339_r取り付けの際、1箇所だけフレームの穴を拡大する箇所が有りますが。たいした作業ではありません。

ドリルを使ったのです、ほんの数秒で終了する加工です。

実際作業をしてみると、海外製だけのことはあって微妙にボルトの穴の位置とかの精度が良くないようです。

ちょっとだけ力を入れてボルト穴を併せながら取り付けてゆく感じです。

試行錯誤しながら以下のようにフィッティングを取り付け完了しました。

Dscn0342_r

フィッティングの取り付けが完了すれば、あとはウィングラックを取り付けて完了になります。

最終的に下のようにZZR400のトリプルケース仕様の完成となりました。

 

Dscn0347_r ちょっとだけ大げさかもしれませんがご愛嬌ということで!!

ウィングラックをつけてしまうと、ノーマールの姿の方がなんとなくすっきりしていて良いような気もしますが・・・・

ちなみに、スクリーンもGIVIのスクリーンに変更してあります。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年4月 3日 (土)

ZZR400GIVIトリプルケース計画 (1)

北海道に向けて、ZZR400のGIVIトリプルケース計画の開始です。

まずはケースを取り付ける下記のウィングラック2とZZR400用のフィッティングを入手することから始めます。

事前にWebで調査しておいたのですが、ZZR400用のY412ウィングラック用のフィッティングがDYTONAでは廃盤になっていました。

そこでGIVI Y412のフィッティングを海外から個人輸入することにしました。

先日アメリカのショップ Solo Moto Parts にY412+N141をオーダーしたら日本へ発送してくれるかをメールで確認をしたところ、翌日にはOKとの回答が戻ってきました。

早々にGIVI Y412とN141をSolo Moto Partsに発注しました。

海外ではZZR400用ではなくZZR600やZX6で販売されていますが、フレームが同じなので特に問題なく取り付けられるはずです。

発注した翌日には、メールで下記のように商品の金額と送料の連絡がメールで入っていました。

************************************************************************
QtyProduct Name                                                         Item price        Total

Givi Custom Case Mounting Hardware
for ZX6 93-02 Type: Three Cases Y412+N141

024461_Y412+N141                                                         $254.95          $254.95 
                                                      Subtotal:                                     $254.95   
                                                      Shipping & Handling:                      $103.04   
                                                      Total:                                         $357.99

************************************************************************ 

合計で約358ドル程度となりましたとなりました。

日本で定価で購入するのとほぼ同じ金額で入手できることになったので一安心です。

後は一日も早くフィッティングの到着願うばかりです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年3月30日 (火)

北海道ツーリングのパッキング(5)

パニアケースかそれともツーリングバッグか、先日、突然決着がついてしまいました。

それは、ある夜ヤフオクでの出来事でした。

【バッグ】ジビ:GIVI E41 サイドケース(左右セット):E41 【バッグ】ジビ:GIVI E41 サイドケース(左右セット):E41

販売元:ウェビック 楽天市場店
楽天市場で詳細を確認する

上記のGIVI E41が出品されていたのです。

あまりにも価格が安い為、駄目もと(半分冗談)で入札をしていました。

通常、35,000円ぐらいの落札の相場の商品が、それ以下で落札できてしまったのです。

ちょっと予想外な展開になってきました。

この感じなら、トリプルケースで総額100,000円以内で何とかなりそうです。

これから、ZZR400のウィングラックやフィッティングの調達を算段しなくてはなりません。

今後は、ZZR400のGIVIトリプルケース計画の始まりまです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年3月27日 (土)

北海道ツーリングのパッキング(4)

  北海道ツーリングに向けて、ZZR400へ荷物の積み方を検討しているが、今回はパニアケースについて少し検討をしてみた。

国内では、以下のメーカーのパニアケースが比較的入手しやすい様である。

  1. GIVI
  2. クラウザー
  3. ヘプコアンドベッカー

特にその中でもGIVIは、ほとんどのバイク用品屋でも取り扱いがあるGIVIのパニアケースで検討をしてみる。

GIVIのパニアケースにはライナップが下記の2種類あり、サイドに使用できるのはモノキーケースのみである。

  1. モノキーケース
  2. モノロックケース

また、ケースを車体に取り付けるアタッチメントも大別して下記の3種類がある。

  1. モノラック
  2. チューブラーパニアホルダー
  3. ウィングラック+フィッティング

Zzr60093_98s_2Tubular_235117

ZZR400で設定があるアタッチメントは、モノラックとウィングラックの2種類の設定がある。

当然北海道ツーリング用なのでモノラックではなく、トリプルパニアが可能なウィングラックの取り付けとなる。

Zzr60093_98t

■ZZR400フィッティング

ウイングラック用フィッティングY412
(36138)¥11,025(¥10,500)
ウイングラックN141
(35117)¥21,000(¥20,000)

上記のようにトリプルのパニアケースが理想なのであるが・・・・・

フィッティングで約3万円+トップケースE52で約5万円+サイドケースE41で6万円と総額で14万円ぐらいの投資になってしまいます。
通常のツーリングバッグなどでそろえれば、メインバッグ2万円+サイドバッグ2.5万円+リアキャリア1.5万円と総額6万円前後となり、パニアケースの半額以下予算で可能です。

ただし、パニアケースの積載性・防水性・防犯性など通常のツーリングバックでは得られないスペックも大変魅力があります。
この魅力に負けて、多大な投資をしてしまうかもしれません。

パニアケース装着時は、もうひとつ忘れてはいけないことがあるのですが・・・・・

それはなんといっても車幅が大きくなることです。

カタログ値では、695mmであるがWEB上では、サイドパニア取り付けると1m程度になると記載してある。
これでは、すり抜けにはよっぽど気をつけないと大変なことになってしまいます。
渋滞のときは、ちょっとストレスかも・・・・・

でも、車幅が大きくなることを考え合わせても、積載の簡単さや確実さは大きな魅力です。

結構本気で考えちゃったりして・・・・・ でも財布が・・・・・・

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年3月11日 (木)

北海道ツーリングのパッキング(3)

ZZR400で北海道に行くためにはまずメインバッグを決めなければならない。

前回のブログでも書いたが以下の条件が必要である。

◆メインバッグの条件として以下の条件が最低必要となる。

  1. 前後方向の寸法30cm以内であること。
  2. 容量は80L程度確保できること。
  3. 出来ればリアグラブバーに固定できる様になっていること。

WEBで物色してみると、前後方向が30cm以内の商品はどうしても60L以下のバッグしか存在しないようなので、条件を以下に変更しバッグを絞り込んでみた。

  1. 前後方向の寸法30cm以内であること。
  2. 容量は60L程度確保できること。
  3. 出来ればリアグラブバーに固定できる様になっていること。

【タナックス】タナックス(TANAX )フィールドシートバッグ 【タナックス】タナックス(TANAX )フィールドシートバッグ

販売元:バイクショップ はとや
楽天市場で詳細を確認する

ここで、メインバッグの容量を下げてしまったことでその不足分をどこで補うかを考えるとサイドバッグまたは、キャリアにその分を積載することを考えなければならなくなる。

それならいっそうの事、GIVI等のケースの設置を検討することもそれなりに有効ではないかと思いはじめた。

北海道に向けての荷物の積載は多少脱線するかもしれないが、ZZR400にパニアケースの設置を考えてみようかな!!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年3月 7日 (日)

北海道ツーリングのパッキング(2)

ZZR400のパッキングに使用するバッグを選ぶのだが、なかなかリアのカウルの張り出しが結構曲者のようである。

いままでTT250Rでのパッキング大きく3つのブロックで分けて、バイクに荷物を積載してきた。

Pic_r000Pic_r0271.メインバッグ (80L程度)

2.サイドバッグ (20L程度)

3.テント

今までのパッキング方法をそのまま継承するとすれば下の様に荷物を積載する方法を検討しなければならない。

Image

1.メインバッグ (シート上に積載)

2.サイドバッグ (リアサイドに積載)

3.テント (リアフェンダー上積載)

◆メインバッグの条件として以下の条件が最低必要となる。

  1. 前後方向の寸法30cm以内であること。
  2. 容量は80L程度確保できること。
  3. 出来ればリアグラブバーに固定できる様になっていること。

◆サイドバッグの条件としては以下である。

  1. リアカウルの張り出しに対応していること。
  2. 容量は左右で最低で20Lが確保できること。
  3. 出来ればセミハードバッグであること。

◆テントの固定

今までは、リアキャリアに折りたたみ椅子を固定し延長した部分に積載してきたがZZR400では、折りたたみ椅子を固定するキャリアが無いため、キャリアの設置が必須となる。

キャリアはZZR400用は、まだ数社から販売されているようなのである。

  ◆候補のキャリア

  

【送料無料】【RIDING SPOT】【ZZR400 93-用】【リア・キャリア】【ツーリング用品】 【送料無料】【RIDING SPOT】【ZZR400 93-用】【リア・キャリア】【ツーリング用品】

販売元:バイク用品専門店MAX
楽天市場で詳細を確認する

・ご注文日から3日-7日で発送可能レンテック スポーツキャリアZZR400K/600D(90-92) ・ご注文日から3日-7日で発送可能レンテック スポーツキャリアZZR400K/600D(90-92)

販売元:バイクカスタムパーツmotosta
楽天市場で詳細を確認する

【2万円以上送料無料】[ベンチュラ/VENTURA] ベースセット / カワサキ / KAWASAKI車 / BSK037B / BSK037B / ZZR400(ZX400N)(93-04)、ZZR600(ZX600E1-E7)(93-99)?? 【2万円以上送料無料】[ベンチュラ/VENTURA] ベースセット / カワサキ / KAWASAKI車 / BSK037B / BSK037B / ZZR400(ZX400N)(93-04)、ZZR600(ZX600E1-E7)(93-99)??

販売元:男のこだわり名品館 ZEED
楽天市場で詳細を確認する

キャリアを色々調べていると、取り付け方法がどうしても気に入らない。

リアのバンジーフックの取り付け部分を利用して取り付けるようなのである。

取り付け方法としては、GIVIのモノラックステーのようなサイドのグラブバー部分からの取り付けのほうが強度も出て良いような気もするのだが・・・・・

大特価!DAYTONA 【デイトナ】GIVI 423Fモノラックステー ZZR400N 【36137】 大特価!DAYTONA 【デイトナ】GIVI 423Fモノラックステー ZZR400N 【36137】

販売元:Dimension-3
楽天市場で詳細を確認する

色々うだうだと考えてきたが、結構投資は必要そうである。

次回は、メインバッグの選定に関しての記事になると思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年3月 6日 (土)

北海道ツーリングのパッキング

昨年TT250RからZZR400へ乗り換えたため今まで使用しているバッグ類がZZRでも使用できるかどうか確認してみた。

◆ロングツアラーバック(ラフアンドロード)

【送料無料】ROUGH&ROAD2009 RR-5666 (ラフアンドロード ロングツアラーバッグ80)【090413_送料無料企画】 【送料無料】ROUGH&ROAD2009 RR-5666 (ラフアンドロード ロングツアラーバッグ80)【090413_送料無料企画】

販売元:デップスwebshop
楽天市場で詳細を確認する

このバッグは、前後方向の寸法が大きく、シートに設置すると自分が座るシート部分まではみ出すため、シートポジションが窮屈になる。

そのため、現実的には使用ができないことがわかった。

また、フルカウルのためどうしても固定場所がうまく取れず、設置が不安定になることも・・・・・

◆風魔プラスワンの振り分けバッグ

何とかシート部分にフックを掛ければ使用は可能だが・・・・・

やっぱりカウルと干渉して極端なハの字になってしまう。

こんな感じで、今まで使用してたバッグ類をすべてフィッテイングさせてみたが基本的には使用不可と判断するしかないようであった。

やはりロードバイクには、パニアケースの導入を考えるしかないのだろうか・・・・・・

| | コメント (0) | トラックバック (0)